smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
お目当てのグッズを探せ!
profile
sponsored links
recommend
recommend
new entries
categories
archives
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

「五輪で倒れたら本望」バレーボール男子日本代表・植田監督

4大会ぶりにオリンピック出場を決め、感動的な復活劇を見せてくれた男子バレー植田ジャパン

その北京五輪まで1ヶ月を切ったところで、なんとその全日本・植田監督がダウンしてしまった。先月末から1日平均2〜3時間しか眠れず、常に目が疲れた状態。食も進まず、睡眠障害ではないかとのこと。

眠れないというのは辛いだろう。ただでさえ、男子バレーボールの復活に期待と重圧は大きい。そのうえ体調が万全でないとすると、なおさら自分自身へのプレッシャーも膨らむに違いない。

最終予選で五輪出場を決めたあと、強気のメダル獲得発言で勝負への執念を見せていたけれど、植田監督の精神的な重圧は相当大きかったんだろう。五輪への出場権を獲得できたことでほっとできたなら、楽だったろうに。

植田監督は、11日からのワールドリーグ・ポーランド大会へは帯同せず休養をとるとのこと。そのあとの19日の大阪大会からは再び指揮を執るという決意を見せている。だが「五輪で倒れたら本望」というコメントは悲痛ですらある。

植田監督がダウンしたことで、選手達に動揺が広がらないといいのだが。選手達も精神的にも体力的にもギリギリのところだろうから。

がんばれ、植田監督! がんばれ、全日本バレー男子選手たち!
どうか、植田ジャパンが北京で思いっきりプレーできますように。


復活 all for victory 全日本男子バレーボールチームの挑戦市川 忍4048839969


睡眠障害?植田監督「五輪で倒れたら本望」
(7月10日7時1分配信 スポーツニッポン)

 バレーボール男子日本代表の植田辰哉監督(43)が9日、睡眠障害を告白した。かつて指揮した堺の壮行会に青白い顔で出席した植田監督は、6月中旬から睡眠を2〜3時間しか取れず、薬をのんでもよくならないと明かした。ポーランドでのワールドリーグ視察もキャンセル。北京五輪最終予選の激戦を勝ち抜いた負担は大きかったようで、チームドクターから睡眠障害の可能性を指摘された。近日中に精密検査を受ける予定だが「北京には行く。オリンピックで倒れたら本望」と熱血ぶりを発揮した。


JUGEMテーマ:スポーツ


at 17:06, pintora, 北京五輪

comments(0), trackbacks(1)