smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
お目当てのグッズを探せ!
profile
sponsored links
recommend
recommend
new entries
categories
archives
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

米女優ユマ・サーマン億万長者と婚約!「今までに見た指輪の中で最も美しい」関係者談

米女優ユマ・サーマンさんがスイスの億万長者アーパッド・ブッソン氏と婚約したという。ユマ・サーマンさんにとっては3度目の結婚、ブッソン氏は2度目の結婚だそう。それぞれ2人の子連れ結婚となる。

アーパッド氏は億万長者と言われるだけあって、婚約指輪は豪華なものらしい。8カラットを超えるダイヤモンドを20個もの小さなダイヤモンドが囲む形とのことで、「今まで見た指輪の中で最も美しい」と関係者は話しているそうだ。まあ、余計なお世話ともいえるコメントだが。

ユマ・サーマンさんの映画代表作としては、『キル・ビル』『パルプ・フィクション』『ガダカ』など。その『ガダカ』で共演したイーサン・ホークさんとは結婚にまで発展し、2人の子どももできたが彼の浮気がバレて別れている。(イーサン・ホークは好きな俳優だったので、ふたりが別れたのはうれしいような哀しいようなだった)

  キルビル : モンタージュ [ポスター]


ユマ・サーマンさんはハードなアクションも自分でこなす。鍛えられたスリムな身体と、ちょっと神秘的な表情が魅力。とてもふたりの子供をもつお母さんだなんて信じられない。現在、30代後半だけれど、これから年齢を重ねていくと、また雰囲気の違う女優さんになっていくのだろうか。

それにしても、億万長者と婚約だなんて、うらやましい・・・。



ユマ・サーマンが億万長者と婚約!
(6月28日2時30分配信 シネマトゥデイ)

  ユマ・サーマンがスイス人の億万長者アーパッド・ブッソンと婚約したとデイリーニュース紙が報じ、ユマのスポークスマンも婚約を認めている。
 婚約指輪は8カラット強のダイヤの周りに20個の小さなダイヤが敷き詰められた豪華なもので、ピープル誌によると、指輪を見た関係者は、「今まで見た指輪の中で最も美しい」とコメントしているらしい。アーパッドはスーパーモデルのエル・マクフィアソンの前夫で、2人の間には息子が2人いる。また、ユマにとっては3度目の結婚となる。ユマは1992年にゲイリー・オールドマンと離婚。2003年に離婚したイーサン・ホークとの間には2人の子どもがいる。結婚式の日取りなどはまだ決まっていないようだ。


JUGEMテーマ:芸能


at 16:22, pintora, 芸能

comments(0), trackbacks(0)

ハニカミ王子が2007年の流行語大賞に「受賞は一生の宝物」石川遼クン

ハニカミ王子」が2007年の世相を表す流行語大賞に!

毎年、年末に発表されるユーキャン新語・流行語大賞。その年1年を表す言葉や発言であり、その年の顔ともいえる人が選ばれる。今年の大賞は「ハニカミ王子」と、東国原知事の「(宮崎を)どげんかせんといかん」の2つが選ばれた。

ハニカミ王子」は、言わずと知れた、男子プロゴルフツアーに15歳8ヶ月という最年少記録で優勝した驚異の高校一年生、石川遼クンのニックネーム。石川遼クンの活躍と爽やかな笑顔があればこその流行語大賞受賞ではあるが、併せて「ハニカミ王子」と名付けた人も称えたいところ。なんでも、石川クンが優勝したマンシングウェアオープンを実況していたアナウンサーの方がつけたものだとか。女性の母性本能をくすぐる、絶妙なネーミングは、さすがでしょう。

授賞式でも女性キラーのハニカミ笑顔をみせた石川遼クン。「受賞は一生の宝物」とコメント。たしかに、こういう注目度や人気度を表すような賞もうれしいには違いないが、石川クン本人が一番ほしいのは、優勝トロフィーだろうね。


そのほか、トップテンに選ばれたのは、「(消えた)年金」「そんなの関係ねぇ!」「どんだけぇ〜」「鈍感力」「食品偽装」「ネットカフェ難民」「大食い」「猛暑日」。

自分のまわりでは、「そんなの関係ねぇ!」が一番よく耳にするフレーズだったのだが…。



流行語大賞に「どげんかせんといかん」と「ハニカミ王子」
(12月3日21時26分配信 読売新聞)

 今年の世相を映す言葉に贈られる「2007ユーキャン新語・流行語大賞」が3日、発表され、宮崎県の東国原英夫知事の「(宮崎を)どげんかせんといかん」と、アマチュアゴルファー、石川遼選手(東京・杉並学院高1年)の「ハニカミ王子」が年間大賞に選ばれた。
 東京都千代田区の東京会館で開かれた表彰式では、東国原知事がジョークで会場を沸かせた後、一転して真剣な表情になり、「日本の格差社会を如実に表している言葉で地方からの魂の叫びだ」。
 一方、石川選手は「受賞は一生の宝物。これからもゴルフがうまくなりたいという気持ちで頑張りたい」といつもより緊張した様子だった。
 このほかトップテンには「消えた年金」や「食品偽装」とともに、お笑いタレント小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ!」や、メーキャップアーティストのIKKOさんの「どんだけぇ〜」も選ばれた。




JUGEMテーマ:ニュース


at 00:46, pintora, 芸能

comments(0), trackbacks(1)