smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
お目当てのグッズを探せ!
profile
sponsored links
recommend
recommend
new entries
categories
archives
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< クラシコでバルサ圧勝!「最高に満足」バルセロナFW ダビド・ビジャ | main | 脱・薄毛宣言!! 「植毛したぜ!」マンU ウェイン・ルーニー選手 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

長友サンシーロデビュー「興奮した。入るときは心が震えた」インテル・ミラノ 長友佑都選手

 セリエA インテル・ミラノに移籍したばかりの長友佑都選手が、ローマ戦で移籍後初出場を果たした。

インテル・ミラノ移籍後2試合目となるローマ戦。後半残り15分というところでスナイデルに代わって、ナガトモ登場!

わーい、やりましたねー。
強心臓の長友選手でも、さすがに本拠地デビューは興奮したみたい。 「入るときは心が震えた」っていうコメント、実感がこもってるよね。

あの世界の名だたる強豪チームで、さっそく試合に使ってもらえるのだから、長友選手、やっぱりたいしたものだよね!!

事前予想では先発出場もあり?!と、かなり日本のマスコミも期待していたフシがあるけれど、まあ残念ながら先発出場はおあずけ。

長友が出場したあとに2点失点しているので、そこんとこどうなんだろう?とは思うけれど、攻撃では果敢に攻め上がってチャンスを作ったみたいなので、初登場としては合格点でしょうか。

次回はしっかり「長友がいちばん良かった」と言われるくらい存在感を示してほしいな!

がんばれ、長友!!





【長友トーク】サンシーロは興奮した
2011.2.7 10:25 (SANSPO.COM)

インテル・ミラノの本拠地「ジュゼッペ・メアッツァ」でデビューした長友は充実感を漂わせ、報道陣の質問に答えた。(共同)
 −−ホームで初出場。
 「やはり興奮した。前半からピッチに立ちたい、立ちたい、と思っていた。(レオナルド)監督にその思いが通じるようにずっと念じていた」
 −−積極的に攻撃した。
 「出て行けるタイミングがあるなら、どんどん行こうと思っていた」
 −−ビッグクラブで出場して。
 「チェゼーナはチェゼーナで良さがあって、大好き。でもサンシーロ(本拠地の旧名称)は特別。入るときは心が震えた
 −−あこがれていた右サイドバックのマイコンと一緒にプレーした。
 「もうあこがれとは言いたくない。切磋琢磨して世界一のサイドバックになるために」
 −−好クロスを送った。
 「決めてくれ、と思ってパスを出した。でもあんなプレーを続けていけば、いい選手がそろっているので絶対に(点を)取ってくれる」
 −−守備陣の連係は。
 「まだまだ良くなる。まだ2回ぐらいしかちゃんと練習していないから。みんなの特長も徐々に分かってきた」

at 18:07, pintora, サッカー

comments(1), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:07, スポンサードリンク, -

-, -

comment
-, 2011/06/02 2:50 PM

管理者の承認待ちコメントです。










trackback
url:http://todayspeech.jugem.jp/trackback/82